第4配水地築造工事視察

7月5日

備南水道事業団で市内中心部への水を供給している第4配水地築造工事を視察致しました。
現在の設備は築造から57年が経過し老朽化したことから、ステンレス鋼鈑で耐震化対応した設備に更新する事業です。
事業費は3億7千万円、容量3,000m3、令和2年完成予定で工事を進めています。
第二期工事は、7,000m3が令和8年度に完成予定です。

65904919_2349845645251329_6785184717130956800_o

 

カテゴリー: 倉敷市議会, 市役所 パーマリンク

コメントは停止中です。