災害ボランティア活動

7月24日

今日も真備で活動させて頂きました。
被災された方々のご相談で多いのは住宅に関する事で、避難所の生活環境は充実されつつありますが、プライバシーなどの課題が山積しており、ご不自由な生活を過ごされています。
生活再建を目指す中で、生活の基盤をなす住宅は大変重要ですが、自宅を再建したくても、再建できない方も多く、仮設住宅、みなし仮設住宅の更なる充実が必要と認識しています。

http://www.sanyonews.jp/sp/article/756151/1/?rct=area_syuyo

カテゴリー: 倉敷市議会, 市役所 パーマリンク

コメントは停止中です。